オナ禁日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7日目

7日目です。

昨日、携帯が鳴って「もしもし○○○(会社名)の○○(私の名前)です」
と、癖で応答したのですが、相手は友人でした。

よくよく考えりゃ、家族と仕事関連以外から電話がかかってきたのは、なんと1ヶ月以上ぶり!最近はメールもほとんどしていません。

たぶんプロ野球がオフシーズンになったら退屈する時間が増え、人恋しくなることもあるのでしょうが、最近はちっとも人間関係の事を考えてませんでした。

んで、ライオンズファンの奴がいるから紹介してやると言われ、
野球ファンの友人自体少ないので、快く承諾の返答をしたのですが、

なんとそれが驚いたことに21歳の女の子!
野球好きの若い女の子なんて都市伝説だと思ってました。

しかし、野球関連のメールを3通ぐらい交わしたら、その子が、
「野球の話やめませんか?」って言ってきたんですよ。

アイドル感覚で選手個人を応援しているようで、
チームが勝ったとか負けたとか、そういう話しが嫌いなようでした。

ここらへんは男と女の違いなのかもしれませんね。

やっぱ野球と政治と宗教・哲学の話は男相手の方が盛り上がります。
まぁ、試合の流れについて語る女なんて、あまり見たくないような気もしますがね!w

野球の話ができる友達とキャッチボールに付き合ってくれる友達が欲しいです。

それでは。

スポンサーサイト

6日目

6日目です。

昨日は良いことがありました。

先日、副業で新しい仕事が入ったと、日記でも綴ったと思うのですが、
2週間ほど前に納品を済ませ、昨日はその集金に伺ったのです。

とりあえずクレームなどは無く、
値段以上の内容で満足して頂いたようでした。

そして、ほっと一息世間話をした後、また新しい仕事を依頼されました!
今度はお客さんの要望する外注の手続きが中心になりますが、
あまり経験の無いことなので正直不安です。

しかし、ここまで来たら受けないわけにはいかないでしょう!
二つ返事で承諾し、今は計画を立てているところです。

んでもって、正式に提携することが決まり、今後も同じような仕事を回してもらう機会が多くなりそうです。初めてその仕事で認められたもので、飛び跳ねるぐらい嬉しいです。

収入面もこれで安定するでしょうし、転職をしなくても済むかもしれません。
過度に当てにするのも危険ですが、元々転職には後ろ向きだったので、それで生活ができるなら私はそうするでしょう。

それと、最近は本業の方でも現場の仕事を手伝う機会が増えました。
良いのか悪いのか分かりませんがね!
相変わらず現場の仕事(作業系)は苦手で足を引っ張ってます。

私は営業か事務しか出来ないな。

また、副業の分野は今後も増やしていく予定です。
どっちが本業か分からなくなりそう!

流行りのアプリ制作から、ご近所の家庭教師まで、様々な可能性を探っています。

私はチームプレイで仕事を分業するより、小さな仕事でも1人で全部やって、成果を積み重ねる方が性に合ってる気がします。

毎年夏はこんな感じで前向きになるのですが、
冬になると下降気味になるんですよねww

どうなることやら。

それでは。



追記

ユーザー名の社内ニートが言葉として死んだ気がするので、
「夢清太郎」に改名しました。

ちなみに、清太郎は友人の兄貴の名前です。

ゆめせいたろう なのか むせいたろう なのか
まぁどっちでもいいかw

明日からコメント欄では「清太郎」と名乗ることにします。

それでは。

5日目

5日目です。

昨日のライオンズ×楽天戦、酷かったですねw

試合内容も然ることながら、最後の最後に乱闘ですよ。
まぁ乱闘というか小競り合いというか、そんな大層な戦闘はなかったのですが、ピリピリした雰囲気がかなり伝わって来ました。
たまになら乱闘も面白いですけどねw


事の顛末はこんな感じ。

①楽天A・ジョーンズが併殺崩しでセカンドL山崎の足を削る
⇒山崎負傷退場
(微妙なタイミングで山崎が避けきれなかった)

②西武山本淳が報復(?)でAジョーンズにデッドボールを当てる
⇒帽子を取ったので何とかその場は鎮まる
(銀仁朗は外角を要求していたのと、その日の山本投手は抜け球がかなり多かったのが目立ってたため、報復のつもりではなかったかもしれません。)

③楽天小山が報復の報復でスピリーに背中を掠める球を投げる
⇒スピリー睨みつける⇒小山も睨み付け向かっていく⇒ゴング!

④両ベンチ陣営がグランドに乗り出し、西武のコーチが小山に襲い掛かる
⇒楽天片山がそのコーチにエルボ!

A・ジョーンズが煽り(?)ナベQがキレて一触即発!
⇒星野監督がナベをなだめる(?)

西武サファテがA・ジョーンズを煽る

キャプテン栗山もブチきれてたが、元西武の星野になだめられる

⑤試合再開⇒小山、スピリーを三振に取る⇒西武ベンチに向けて煽る
⇒試合が終わった後も西武陣営はしばらく楽天ベンチを睨む


推測もありますが大体こんな感じでした(笑)
若い選手が多いのもありますが、西武は血の気が盛ん過ぎですね。

コーチもすぐキレるし、毎年遺恨試合がある気がします。


まぁ、乱闘は置いておきまして、①の併殺崩しについて少し考えてみます。
今回のAJの併殺崩しはベース上にスライディングしてるので、少し訳が違いますが、そうではない危険なプレーは少なくありません。

併殺崩しというのは、ベースではなく二塁で捕球する選手の足を狙ってスライディングし、態勢を崩して一塁に送球させない狙いを持つプレーを指します。
アマチュアでは見ませんが、プロでは割とよく見られるプレーです。

MLBでは当たり前らしく、メジャー志向が強かった元西武の中島がよくやってました。

正直、私はこのプレーが嫌いです。
「メジャーでは当たり前だから」という理由で正当化する人が多いですが、
どう考えてもルールの穴をついた悪習じゃないですか。

怪我のリスクが高すぎるため、こういう行為は規制すべきでしょう。

また、ホームへ向かう際のタックルも、際どいタイミングなら仕方ないですが、明らかにアウトのタイミングでぶつかって来るのは危なすぎます。
アマチュアでは既に規制されていますが、プロでも規制を設けるべきじゃないかな。

他にも怪我に繋がるような危ないプレーはいくつかあるかと思いますが、
この2つは規制されても、野球がつまらなくなるなど、そういう影響はほとんど受けないと予想します。こんなの野球じゃないっすよ。

それと言わずもがなですが、報復死球はむっちゃムカつくはずです。
これ故意ならバッター側は確実に分かります。

最近の日本プロ野球は大人しい選手ばかりで、乱闘が少な過ぎる!
もっとヤンチャな奴がいてもいいんじゃないか!

と、思われる方も少なくはないと思いますが、どうでしょう。

殴り合いを見に来てるわけじゃないんですから、それで選手を批判するのはちょっと違う気もします。そういう風習が消えたことに物足りなさを覚えるのも分からなくはないですがね。


この事件を機にライオンズが奮起したりしないかな。
意地を見せて欲しいところです。

それでは。

4日目

4日目です。
今月6回目の夢精を記録しました(怒)
自分が感じてる以上にムラムラしているんでしょうかね。

しかし、やはり夢精はさほど影響を感じません。
普通にリセットして間もないので分かるのですが、
オナニーと夢精はまったく違う気がします。

オナニー後の独特のだるさが全くありません。
体臭が少し気になるぐらいで、それ以外は特に影響ないような。
あるいは気のもちようで変わるだけかもしれませんね。


オナ禁日記というよりは夢精日記になってるような…。
オナ禁ファイター界随一の夢精頻度なんじゃないかな。

社内ニートという用語も死語になってますし、
自分の特徴を表す夢精系の名前に変更しましょうかね。

それでは。

オナ禁戦績

戦績

2013年度

6/1~6/26
○○○○△○○○○○
○○○○△▲○○○△
○△×○○△

5/1~5/31
○○○○○○○○○○
▲○○○○△○○○○
○●○○○○○○○○


リセット=1回
夢精=3回


4/1~4/30
○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○●
○○○○○○○○△○

リセット=1回
夢精=1回


3/1~3/31
○○○○○○○○○○
○○○△○○○△○○
○○○△○○●○○○


リセット=1回
夢精=3回


2/1~2/28
○○△△○○○○○△
○○○○○○○▲○○
○○○○○○○○

夢精=4回


1/1~1/31
○○○○○○○○○○
×○○○○△○○○▲
○○○○○○○○○○


リセット=2回
夢精=2回



2012年度

12/1~12/31
○○○○○○○○○○
△△○○△△○△○○
●○○○○○○○○○


リセット=2回
夢精=5回


11/1~11/30
○○○○●○○●○○
○○○○○○○○○○
○○△○●○△○○○

リセット=3回
夢精=2回


10/17~10/31
○○○○
○○△○○○○○○○


リセット=0回
夢精=1回


○→セーフ
△→夢精
●→リセット
▲→夢精リセット(エロ禁解除+夢精 or 10日間で3回夢精)
×→1日2回以上リセット



当ブログのオナ禁のルール

戦績は大体10日毎に更新します。

現在の最長記録:36日

3日目

3日目です。

相変わらず朝勃ちビンビンで夢をよく見ます。

朝勃ちは排尿して5分間ぐらい無心でジっとしていれば治るのですが、
夢の方は脳が休まらない感じがして割と困っています。
今朝も鮮明な夢を見て、しばらく頭がボーっとしていました。

まだ少し頭が重いです。嫌だなぁ。


昨日、数年前以降に作ったホームページを一通り巡ってみたのですが、
数年前と比べ、どれも検索順位が上がってることに気付きました。
内容は一切更新していません。

考えられることは2つです。
1つはドメインが古くなって価値が高くなったからでしょうか。
しかし、これは微々たるものだと思います。

もう1つは、SEOのシステム自体が変更されたことが挙げられます。
実際変更されたかどうかは私は知りませんが、こっちの方がしっくりきます。

私が作るサイトはとにかく文字の量が多いのですが、
今はそういうサイトが優先されるようになってるのですかね。

私がSEOについて勉強した時は、内部より外部の方が重要だったのですけど、
その重要比率が変わっているのかもしれません。

内部というのは、そのサイトそのものを指します。
つまり、内容が充実していれば検索順位も上がる!?

という推測をしているのですが、実際どうなんですかね。
帰ったら調べてみようと思います。

それでは。

2日目

2日目です。

今日は『愛と幻想のファシズム』の感想文です。(ネタバレ有り)



この作品はタイトルだけを見ると、ファシズムについて強く語られているかのように思われますが、要点はそこではありません。「経済を元とした支配体制(システム)からの脱却、システムの破壊」これがメインテーマとなっています。
物語に置いて、システムを壊す際にファシズムという政治体制を用いたというだけで、ファシズムを称賛するような文脈は無かったように思われます。

結論から言うと、システムから脱却することは出来ませんでした。
システムを壊すということは新しいシステムを構築するということだからです。

システムを壊そうとしていた者達が、物語が進むにつれ、システムの奴隷になっていく姿が見て取れます。狩猟社の中で奴隷にならなかったのは主人公の鈴原冬二とゼロ(相田剣介)のみでした。
そのため、ゼロは特別な存在として語られています。

(ここで気づいた方もいるかと思いますが、鈴原冬二や相田剣介や洞木さんなどなどは、エヴァンゲリオンに登場するキャラクターのモデルとなってるそうです。)

冬二とゼロと、そしてフルーツの関係もまたテーマの1つです。

物語の最後で、ゼロは冬二の気持ちに応えるかたちで自殺します。
何故、冬二はゼロに死んでほしいと思ったのか。
これはヒントが少なすぎて私には分かりませんでした。

ゼロは、一度はスキャンダルを起こし狩猟社の足を引っ張っりましたが、その後、冬二と過酷なハンティングを経験したことにより、狩猟社の中心的な人物として復活しました。それにも関わらず、冬二にとってゼロは消えて欲しい存在となってしまったのです。

ヒントを挙げると、
・ゼロは完璧な仕事ができる人間として返り咲いた
・冬二とゼロは一心同体に近いものがあり、冬二の中にゼロが存在していた
・表面的には、ゼロは冬二の存在を脅かす者ではない

つまり、冬二にとってゼロは完璧な人間になってはいけなかったということだと思うのですが、その理由が何故なのか、イマイチ分かりませんでした。
冬二の中の負の部分をゼロが担ってたということなのでしょうか…。
別に冬二は完璧な存在として君臨し続けても良かった思うのですがね。

冬二自身も何故ゼロに対して死んでほしいと思ったのか理解できていないようでした。
ここらへんはよく分からんっすね。


よかった点
・著者が壮大なテーマに挑む姿が見て取れて面白い
・主人公の冬二がいかにもカリスマっぽくてカッコいい
・大きな存在に立ち向かい蹴倒していく様子が面白い
・ところどころ無慈悲なことをするのが、何となく好き
・印象に残るような名台詞が多い
・この小説は1980年代の世界が舞台となっていますが、2013年現在の日本の政治体制や国民の意識に通ずるところが随所に見られ、よく考察されてるなと思いました

悪かった点
・ラスボスのウィッツとの直接対決が無い!
・多少経済の知識が無いと読みずらい部分もあるかも
・ST班がチート過ぎて千屋や洞木さんは何だったの?状態になる
・もう少しだけ、ゼロを自殺させた理由のヒントが欲しかった


非現実的な部分もかなり多かったですが、そこらへんはフィクションなので突っ込むべきではないと思います。

好きな人は好きなのでしょうが、かなり賛否が分かれそうな小説だと思います。
私は好きでした。

近代の日本史が好きなら好きだと思います。
あと、「資本主義の犬(システムの奴隷)」というワードにビビっと来る人は好きかな!

私は経済学の知識が全く無いので、そこらへんは難しかったですが、
物語の流れで何となく理解はできると思います。

以上、読書感想文でした。


次は『海底二万里』という小説を借りました。
割と読みやすそうです。1週間あれば読み終わるかな!?

それでは。

1日目

リセットです。
夏の日差しに照らされたJKの白い肌。
いやぁ、たまらんね!

久々にリセットの変化を感じましたので報告させて頂きます。

①体臭

体臭の変化は確かに感じました。
リセット後から約1時間~2時間程度でしょうか。
汗が精子臭かったです。

②身体がだるい

感じるのは身体的なだるさのみです。
歩いたり重い物を持ったりするときに、多少辛さを感じます。
精神面や思考力には特に変化はなく、デスクワークや他人と話しをするときは特に影響を感じません。集中力も落ちてないと思います。

③生活面の変化

まず食欲が旺盛になりました。
身体が炭水化物を欲してるのが分かります。
次に、睡眠量が増えました。
昨日は22時に寝て6時半に起きました。
特に疲れを感じていたわけでもありません。


以上です。
現段階では総合的に見ても大して悪い変化と言えるか微妙なのですが、
これが積み重なっていくと分からんですね。

逆に言うと、連続リセ・連日リセさえしなければ、はっきりと目に見える変化は少ないとも言えます。最低でも3日は空けましょう。


今日は『愛と幻想のファシズム』についての読書感想文を書きたかったのですが、
オナ禁日記だしリセット報告の方が優先かなと思い、後回しにしました。

また明日、時間があれば感想文を書きます。

それでは。

8日目

8日目です。

何か書きたいことがあったような気がするのですが、ど忘れしてしまいました。
適当に今思いついたことを綴りたいと思います。


「もし、過去の自分に何か一言アドバイスができるとしたら、何を伝えたいですか?」
というような、もしもしアンケートがたまにあると思います。
昨晩寝る前に少し考えてみました。

私がアドバイスしたいのは中学生時代の自分です。

以前お話したことがあるのですが、私は小5の頃に転換期を迎え、良い意味で生活が一転したことがあったのですが、もう一つ、中学1年生のときに悪い意味での転換期があったような気がします。

それは、転換期と呼ぶにはあまりにもなだらかで曖昧なのですが、
その頃に私の性格は決定付けられたのではないかと思っています。

その出来事は中学1年の初めての定期テストでした。

当時の私は得意科目がはっきりしていて、数学と理科だけは出来る子でした。
その他は平均点ぐらいだったと思います。

そして私は考えました。
総合点を上げるには弱点を補うのが手っ取り早いだろうと。

実際、そうしたことで、テストの点数は上がっていきました。

味を占めた私は、その次もまたその次も…高校に入ってからも、大学に入ってからも、とにかく「1教科でも悪い点数を取らないこと」だけを考えるようになりました。

上手に表現できないのですが、
「危機感」が非常に強くなっていったような気がするのです。

私と同じように危機感が強い人間は、おそらくテストの点数は悪くはないはずです。
常に危機感を持っていれば大きな失敗は犯さないはずだからです。
たぶん、分かる人には分かるはずです。

しかし、今思うとこれは間違えだったとしか思えないのですよ。

これまた上手く表現できないのですけど、「守りに入ってる」というか、
失敗を恐れすぎるというか、スピードが遅いというか…。

そういう習慣が身に付いてしまったような気がします。

例えば、軽作業のバイトですが、ある程度慣れたら意識しなくてもサッサっとこなせるじゃないですか。ですが、失敗を恐れる余り、一々間違いが無いか気にしてしまい、逆に効率を悪くしてしまうような、そんな感じです。

中学に入る前の私は、良い意味でも悪い意味でもいい加減で、
基本的に何をやらせてもクラスの中で一番に終わらせる奴でした。

私はそれで良かった気がするのです。
そのまま「テキトー」な精神を持っていれば、間違いなく私は理系に進んで、数学を武器に大学へ進学したことでしょう。

結局私は、数学がそれほど得意ではなくなり、高校では文系に進みました。
大学も文系です。

中学時代の友人たちは、未だに私が文系であることに違和感があるようです。
私自身、かなり違和感があります。何故そうなったのだろう…と。

真面目系クズって言うんですかね。
中学から大学までの私はずばりそれに当てはまる気がします。

現在はテストや結果に追われることが少なくなったため、
徐々に昔の自分に近づいていってるのではないかと思います。

これは自分の感覚なので表現するのが非常に難しいのですが、
「危機感を持ちすぎると能率が悪くなる」それを10年単位で癖として存在させて離れない状態に陥ってたのが、今までの私であるような気がします。

曖昧ですねw


私が中学時代の自分に一言アドバイスをするなら、
「危機感を持たず伸び伸びとやって下さい」と伝えたいです。

中学生の私は理解できるかなw


皆さんもおそらく自分にしか理解できないような感覚があるかと思います。
それを言葉にして説明してみると、自分への意識改革に繋がるかもしれませんよ。
もちろん今の自分に満足していれば、こんなことは気にする必要はありません。

長くなりましたが、何となく理解して頂けたでしょうか。

それでは。

7日目

夢精しかけました。
厳密に言うと少しは漏れてたかもしれません。

会社に忘れ物をしてしまったため、これから取りに行ってきます。

短いですが、今日はこのへんで。

それでは。

6日目

6日目です。

今日からリーグ戦が再開ですね。

今日の先発はエース(?)菊池雄星です。
相手は去年カモにしていたオリックスですが、
今年は今のところ3勝3敗のイーブンです。

先発だけ見ればライオンズ有利ですが、
最近はことごとく期待を裏切られてるので分かりませんな。

先発と言えば涌井が6番手として復帰するそうです。
中継ぎでそこそこ良い感じになってきただけに、
少し勿体ない気もしますが、本人のプライドを第一にしたのでしょうかね。

どうせFAするんだから中継ぎで酷使してしまえ!w

プレイボールが楽しみです。

それでは。

5日目

5日目です。まーた夢精しました。

この頃は明らかに変化があるように感じます。
それはオナ禁に依る変化と限定できるものではありませんが、
多少は影響しているかもしれません。

その変化というのは、かなり夢を見るようになったことです。

昨日は3つ夢を見ました。
その中の1つにエロい夢があって夢精したようです。

それだけ夢を見れば、当然夢精する確率も上がります。
近頃、夢精が非常に多いのはその影響かと思われます。

体質というよりは、精神面の変化と言った方が適当かもしれませんね。

そしてその夢の内容が、変な奴だと思ってほしくないのですが、
とても面白いのですよ。

長くなるのでその内容は伏せますが、オチがあることが多いです。

何故いきなりこんな変化が生まれたのか考えてみたのですが、
最近小説をよく読むようになってからなのかなぁっと。

今まで漫画はよく読んでいたのですけど、
小説はそこまで多くは読んでいませんでした。

一概に漫画より小説の方が想像力を鍛えられるとは言えないのですが、
物語の構成を意識するのは小説の方なんでしょうかね。

あと、小説は漫画と違って、心情の変化を詳しく書きますよね。
そういうのが私の精神を揺さぶっているのかもしれません。

まとめ。夢精したい人は小説を読んでみましょう。

それでは。



追伸

このブログを開設した当初からの問題なのですが、当サイトにアクセスできなくなるトラブルが頻発しています。
これは当サイトに限らず、FC2ブログでは度々見られるようです。
おそらくサーバーの方に原因があるのだと思いますが、改善されたか、される見込みがあるのかは分かりません。

また、少し時間を置けばアクセスできるようになるパターンが多いので、トラブルが生じた際はそのように対処して頂ければ幸いです。

連絡が遅れて申し訳ありません。

それでは。

4日目

4日目です。

副業の方が一段落しました。
まだ詰めが残ってますが、多少余裕ができそうです。


色々と考えたことがあります。

私は今秋からの転職を考え、去年の夏ぐらいからスキルを磨いたり、
転職サイトに登録してみたり、今の段階でできることを実行してきました。

ところが、今になって「これでいいのか?」と思うことが多々あります。

1つは、私が転職をしたい理由です。
正直言いまして、給料や社会的地位を意識して転職を目指しています。

しかし、これらは自分のプライドを守りたいだけのような気がするのです。
果たしてそんなことに意味はあるのか。本当に自分のためになるのか。
そう思う度に、憂鬱になります。

もう1つは、やはり「やりたいことをやりたい」ということです。
できるならば人に雇われるのではなく、1人か少人数で経営していきたいという思いは未だに強く持っています。

私は恵まれた環境にあるので、リスクさえ回避して地道に努力を重ねれば多分大丈夫です。詳しくは話しませんが、これは根拠があります。


と、あれこれ考えているわけですよ。

安定を求めるなら転職、やりたいことをやるなら副業を本格的にやるという感じでしょうか。

しかしですね。
転職を目指すなら25までにやっておいた方が有利なのは確かなのですよ。
現に今は向こうからのオファーもあるぐらいです。

どちらを選択しても後で後悔しそうな…w

きっかけを待ってても仕方ないですし、
早い内に自分で選択しないといけませんね。

それでは。

3日目

3日目です。

時間があまりないので今日は報告のみです。

それでは。

2日目

2日目です。

今日は少し疲れ気味です。
しかし、何となく生活が充実してきているような気がします。

その1つは早寝早起きが習慣になってきたことです。
大体0時より前に寝て、6時前後に起きます。

早く眠るコツですが、やはり習慣にしてしまうことですね。
身体の体内時計を正常に戻すということが一番大事です。

前に宣言した通り、寝る前の1時間は必ず小説を読むようにしています。
それ自体に安眠をもたらす効果があるわけではないのですが、
PCや携帯をいじらないようにするという意味で、
これがかなり良い効果を生んでいるようです。

また、眠る1時間前にホットミルク(低脂肪乳)を飲むようにしました。
あまり意味はないかもしれませんが、
暖かい飲み物は気持ちを落ち着かせるような気がします。

もちろん、カフェインを含む飲み物は逆効果なのでNGです。

しかし、何となく気持ちが乗らないというか、
ふとしたときにボーっと考え込むようなこともあります。

退屈するような時間が減ったというだけで、
まだ楽しいとか嬉しいとか、そういったプラスの感情は無いような、
そんな感じです。人間関係は相変わらず希薄ですしね!w

この生活を続けていれば何か変わるような気がします。
オナ禁と同じで継続することが大事ですね。

それでは。

1日目

ライオンズにカーターが帰って来ました!

成績はさておき、彼は私が今まで見た助っ人外国人の中で、
最もナイスガイで、最も好きな選手です。

私だけではありません。
ライオンズファンの多くが彼の復帰を祝福したはずです。

何故、彼がそこまで愛されているかと言うと、
ライオンズという球団が大好きだからです。

それは西洋人特有のリップサービスかもしれません。
しかし、それでもいいのです。そういう態度が憎めないのです。

助っ人外国人の多くは「仕事」として日本に来ます。
少し嫌な言い方をしますと、金儲けですよ。

まぁ、それでも活躍すればファンから罵声を浴びることはありません。
皆そういうものとして見てるんです。

ところが、カーターという選手は、ライオンズに復帰するためにBCリーグに所属したとはっきり公言していたのです。
もちろん、ライオンズ球団側にまだ未練があるという情報を予め知ってのことだとは思いますが、それでも嬉しいじゃないですか。

カーターはライオンズからのオファーを泣いて喜んだそうです。
取材に行った斉藤一美さんも一緒に泣いてしまったようで、
現場は何とも言えない雰囲気に包まれていたとか…w

カーターは熱くて、優しくて、ナイスガイな選手です。

勝負強いムードメーカーが、今後チームにどのような影響を与えるのか。
楽しみですね。

それでは。

0日目

2日連続で夢精しました(怒)

昨日は夜遅くまで起きていたので、注意を怠った結果です。
ルールに則り、3回目なのでリセットとします。

まぁ、あまりオナ禁も夢精も意識しない方が良いですかね。
気付いたら記録更新してました!ぐらいの方が上手くいくのかもしれません。


それはさておき、昨日は懐かしい夢を見ました。

保育園に通っていた頃に初めて出来た友人が出演しました。
15年間以上、会ったことも話したことも無かったのに、
こうやって夢に出てくることが驚きです。

彼は確か、小学校1年生の頃に大阪に転向してしまったのですよ。
いやぁ、哀しかったなぁ。

彼のお兄さんが独裁的な性格で、私のバトル鉛筆を半分カツアゲのような形で奪ってきたのが、記憶の片隅にトラウマとして残っています。
顔は薄っすら覚えていますが、その他のエピソードはさすがに覚えていません。

ですが、中高大時代の友人達の顔と名前を半分も覚えていない私からすれば、
ある意味奇跡かもしれません。

「男は初恋を忘れられない」と言われていますが、
初めて出来た親友も、同じように記憶に強く残るものなのでしょうか。

今はどうしているのか。なんてお節介なことは微塵も気にしませんが、
自分の記憶に残ってる彼の姿を思い出すのは切ないことです。

これからもこうやって思い出は積み重なっていき、
その度に切ない思いをするのでしょう。

歳を取ったなぁっと痛感します(笑)

それでは。

22日目

22日目です。夢精しました。

なんというか、私の悪い癖も絡んでるのでしょうけど、
一度決めたルールとはいえ、夢精すると0日に戻したくなるんですよねぇ。

こんなこと言ってたら日数をカウントする意味が無い気がするのですけど、
変なところに拘りがあるというか、自棄っぱちになってしまうというか。

今週は今のところ意識的にエロ禁を解除したことはありません。
一体何をどうすれば夢精を回避できるのか。
オナる以外の考えられる全ての対策を実行しているのですが、それでもダメです。


今回の夢精は思いっきりエロ系の夢を見ました。

ちなみに私が夢精する際の夢は、
エロ系が3割、生理系が3割、普通の夢が4割ぐらいの割合です。

一度、夜中の3時半頃に目が覚めた時に、既にかなり溜まってる感じがあったので、これは夢精するだろうなと予測ができたのですが、そのまま起きているのも睡眠不足で仕事に影響するでしょうし、二度寝することにしたわけです。

そして案の定この様です!まったくどうしろってんだよ!

体感ですが、オナ禁することで早漏になってる気がします。
それが拍車をかけて、ちょっとした刺激やエロで夢精に繋がってしまっているのではないかなぁっと。

【急募】早漏を治す方法案!

やはり体質と割り切るしかないのかなぁ。

それでは。

21日目

21日目です。

統一球関連の隠蔽問題が話題になっていますね。
民間の興業とは思えないような暗くて無責任な対応に、プロ野球ファンの誰もが不信感を抱いたことでしょう。

いいかげんNPBの古臭い陰湿な体質は一新して欲しいところです。
相撲協会と変わらんでしょ。まったく何やってるんだか。

プロ野球を支えているのは間違いなく「伝統」でしょう。
巨人・大鵬・卵焼きの1つにも数えられるように、
プロ野球は人々の心に古くから有り続けたのです。

もちろん今は昔ほどの人気は無いですし、
今も尚多くのこどもたちから愛されてるのは卵焼きだけですよ。

それでも、プロ野球選手は最高のプレーをして、それを見たこどもたちは夢を抱き、その一握りは憧れのプロ野球の舞台に立つ。
これの繰り返しでプロ野球の伝統は守られ続けているのです。

日本では、今でも野球は人気トップ3に入るスポーツですし、
今後しばらくは、よっぽどのことが無い限り伝統は守られるでしょう。

でも、日本野球機構がこんな出しゃばって足を引っ張ってるようだと、この強固な伝統すら崩れてしまうのではないかと危惧の念を抱いてしまいます。

MLBに選手が流れてしまう昨今、閉鎖的なのは仕方がないのかもしれませんが、
せめてファンや選手だけは大事にして欲しいと思います。

頑張れ日本プロ野球!頑張れライオンズ!頑張れ野上!

それでは。

20日目

20日目です。

『愛と幻想のファシズム』を読み始めて4日目になりますが、
そろそろ上巻は読み終わります。
専門書と違って小説はすらすらと読めるものですね。

本の感想は最後まで読み終わってから述べるとして、
気になった部分だけ取り上げて考えてみたいと思います。


「好きな事をやってる奴はとりあえず信用できる。そうじゃない奴は奴隷だ。奴隷は信用できない。」

はっきりと覚えてるわけではないのですが、
大体こんな感じの意味だったと思います。

この小説における「奴隷」とは、別の言葉で表すと「農民」です。
自分で考えず、他人の指示を待っている者。自らに欲望は無く、欲望は他者から供給される。「狩猟民」に寄生して楽に生きられればいいやと思っている。

「狩猟民」とは、一人で生きていくことが出来る者です。ひたすら快楽を求め、自らに欲望を見出す。「農民」を嫌う。

私を含め、このブログを読んでいる方の9割以上は農民に当たるかと思います。
本当にやりたいことを心からやってる奴なんて私の周りに居たかどうか。
大体は、社会的地位や給料のために働いていたり、「それが当たり前だから」という理由で学校に通っていたり、まぁ普通はそんなもんでしょう。

分かり易い例を挙げますと、

「自分でデザインしたファッションを身に纏う者」⇒「狩猟民」
「そのファッションを見て憧れたり真似したりする者」⇒「農民」

こんな感じです。
もちろんファッションに興味が無い場合は、この例には当てはまりません。

就きたい職業に就いた者や起業家が狩猟民とは限りません。
他人に与えられるのではなく、自分で快楽を見つけ出せる。
真の快楽を知っている者です。

何となくイメージできましたでしょうか?w


先ほど、このブログを読んでいる方の9割以上は農民と言いましたが、
限りなく10割と言った方が的確かもしれません。

なぜなら私は農民で、その農民のブログを読んでいるからです。

私は農民ではありますが、典型的な農民では無いかもしれません。
狩猟民か農民のどちらか決めるなら、そりゃ間違いなく農民だなとは思います。
何と言うか、「狩猟民に憧れる農民」というのがピッタリな気がします。
狩猟民っぽいことを考えたり行動に移そうとはするのですが、実力や才能が追いつかなかったり、途中で投げ出したりします。要するに中途半端なんです。

「好きな事をやってる奴はとりあえず信用できる。そうじゃない奴は奴隷だ。奴隷は信用できない。」この言葉は私の胸にグサっと刺さりました。

嫌悪するものはひたすら避けてきた、ここまでは別に問題ないのかもしれませんが、
やりたいことを目の前にしても実行できず尻込みしてしまう自分が、とてつもなく歯痒くて、苛立たしくて、客観的に自分を見てつまらない人間だなぁっと思ってしまいます。

まずそのネガティブな思想をどうにかしろ!という話しかもしれませんが…。
自分を好きになれないと狩猟民にはなれませんね。


ちなみに、今のところ、私はこの本に感化されているわけではありません。
物語としては面白いのですけど、どことなく嫌悪感を抱いてしまう作品ですねw
これから物語がどう進んでいくのか楽しみです。

それでは。

19日目

おはようございます。
最近は5時に目が覚めてしまうため、朝はかなり余裕があります。

今朝まとめサイトでチラっと見たのですが、
最近の若者の人気な曲ランキングが凄まじいことになってるとか。

AKBなどのアイドル系の曲ばかりなのかなぁっと思って見てみると、
ボーカロイドと言うのでしょうか。
それ系の曲がベスト10位の半分を占めていました。

確かCD売り上げランキングはAKBだらけでしたよね。
もちろん他のグループもいくつか居るのですが、
それもアイドル系が多かった気がします。

言うまでもなく、CDの売り上げは毎年緩やかに下降しているのですけど、
意外とライブ来場者数などは伸びたりしていて、音楽そのものの人気が落ちたというわけでは無さそう。

音楽というのは若者世代が買い支えていった面もあるのですけど、
その若者が減っていたり、貧乏になっていたり、そういった外部の影響も多く受けているのかもしれません。

また、私は別にアイドルやボーカロイドが悪いとは思いません。
その曲が私の感性に合うかと言うとかなり微妙ですが、
音楽ってそういうものじゃないですか。

女子高生のスカートが長くなったり短くなったり、時代によって変わるように、音楽にも流行りがあって、時代によって変化していくものなんですよ。

それを頭ごなしに否定して、最近の若者の音楽観は異常だ!みたいに言うのは時代遅れの僻みのように聞こえます。

私が音楽を積極的に聴いていた頃、流行ってた音楽はと言うと、
何と言っても1番はSMAPで、それに続くのが、B'z、ミスチル、宇多田ヒカル、浜崎あゆみといった感じでした。
モー娘も人気だった気がしますが、小学生ぐらいだったのでよく覚えていません。
気づいたら後退してましたからねw

それらの曲を聴いたとき、上のおっさん世代は何を思ったのでしょうか。
想像ですが、きっと「なんだこのガチャガチャしたウルサイ音楽は!」みたいなケチをつけていたのではないでしょうか。

新しい風習や文化などには、どうしても批判が生まれるのです。
これは自分の感性を守りたいがための本能的な自己防衛なのかもしれません。

とは言え、昔と今を比べると、
昔の方が音楽の種類は豊富だったことは間違いありません。

氷川きよしのような現代風の演歌が人気を博すこともあれば、
エヴァのような未だに人気を維持しているアニメの主題歌は、
歴代至上にも名を残すCD売り上げ数を記録しました。
洋楽に聞き惚れるロック少年も多数いました。
私なんかは少し世代が違いますが尾崎豊が大好きでしたし、周りの奴らも幅広い世代の曲を聴いていた印象があります。

選択肢が様々だっただけに、年寄りからの批判は分散され、あまり目立たなかったのではないでしょうか。また、我々も中年層の青春を支えた音楽を尊敬し、理解しようとしていた。

今の音楽はと言うと、アイドルグループ・ボーカロイド・アニソン少々・ハードロックが少々。たぶんこんな感じですよね。
これはきっとインターネットが全盛期を迎えたからというのと、マスメディアのゴリ押しの影響を多く受けています。

音楽というのは、その時代を表す鏡のような役割もあるんですよきっと。

たぶんAKBなんてあっという間に消えてますよ。
次は何が流行るのかな。経済が荒れて弱者が更に多く生まれると思うので、
やはり、より大衆向けの音楽が流行るのかな。

おっさん達は若者の音楽を受け入れること。
若者達は分野を絞らず様々な世代の音楽を聴いてみること。

つまり、守るべき文化は守って、新しい文化を容認していくことが大事なのではないかと、私は思います。

自分でも何を言ってるのか分からなくなってきましたw

それでは。

18日目

いやぁ、ライオンズ5連敗です。野球がつまらんっすね。
あまり愚痴をガーガー言っても心象悪くするだけなので、
別の視点で昨日の試合を振り返りたいと思います。

先発十亀の力強い投球は誰の目から見ても光ったものがあったでしょう。
しかし、今回私が注目したいのは、広島の先発だった野村祐輔投手です。

通称ノムスケと呼ばれる彼の魅力は何といっても制球力。
左打者にはシンカー系の球、右打者にはスライダー系の球、
カウントを取る緩いカープなど多彩な変化球を持っていて、
どれもかなりのレベルでコントロール出来ています。

ストレートを2球続けただけで解説者が「珍しいですねぇ」と言うぐらいですから、普段から変化球で打ち取るタイプなのでしょう。
確かに外角低めの変化球のコントロールは超一級品でした。

彼のコントロールを支えているのは間違いなく技術や経験なのでしょうが、
それよりも私が強く感じたのは、メンタルの強さです。
このブログでも何度となく言いました「自信」ってやつです。

彼はコントロールに絶対的な自信があり、
例え0ストライク3ボールになったとしても、
慌てることなく腕を振ってストライクが取れるのです。

そんなもんプロなら当たり前じゃないか!と言われそうですが、
これが思いのほか難しいのですよ。

私はソフトボールの経験者なので、野球とは異なるかもしれませんが、
ストライクを入れよう入れようと強く意識すればするほど、
腕が振れなくなって、コントロールするのが難しくなります。

仮にストライクが取れたとしても、ストライクを置きに行った球以上に打ち易い球はありません。狙われれば簡単に運ばれます。
不思議なことに、これがあまり狙われないのですけどねw

話が少し逸れましたが、
ノムスケ選手のメンタルはプロの中でもかなり上位です。

もちろんその自信は技術や経験によって培われるのが普通です。
根拠の無い自信は脆いです。もちろん無いよりはマシですが。

努力(練習)と実戦を何度も何度も繰り返して、
確固たる自信を手にするのです。

これは野球だけではありません。受験でも仕事でも同じです。
決して近道をしようとは思わず、実力と自信を身につけて下さい。

お前がな!って言われそうですがねw
その通り、自分に言い聞かせてる部分もあります。
何か1つだけでも自信が持てるものがあればなぁ。

それでは。

17日目

おはようございます。

今日は久々に朝ソフトに参加して参ります。
敵チームなどの事情により3週間近く日程が空いてしまったため、
怪我には十分に気をつけなければなりません。

自転車通勤なので運動不足ということは無いかと思いますが、
たまにはスポーツで汗をかかないとストレスは発散できませんからね。


先日、某まとめサイトで目にしたのですが、
寝る1時間前からはテレビを観たり、パソコンや携帯を弄ってはいけないとありました。当然と言えば当然ですが、これが本当に難しい。

確かに電気を消した後に携帯を弄ると目が覚めてしまうことが多く、
心地よい眠りに就くことが難しくなります。

本当に心身が疲れていれば携帯を弄る暇もなく眠ってしまうでのしょうけど、
そうでないときは、寝るまでの1時間をどうして過ごせばよいのか。

①勉強をする
②ラジオを聴く
③本を読む

ぱっと思いついたのはこの3つです。
私は朝型人間なので、①はどうも向きません。
それに、寝る前ぐらいはリラックスしたいです。

となると、②か③でしょうか。
ラジオは仕事中の文化放送しか聴いてないのですけど、
夜も面白い番組があるのか、問題はそこですね。

そうなると一番安定した時間を過ごせそうなのは③かなと。
漫画でも良いかと思いますが、1時間あれば2冊ぐらい読めてしまうので、毎日それを用意するのは難しそう。

というわけで今日から寝る前に必ず小説を読もうと思います。
実は今まで漫画ばかり読んでいたので、小説はさほど読んでいません。

昨日、ネットの評判を聞いて、村上龍の『愛と幻想のファシズム』という本を借りて来ました。上巻下巻で分かれていて、全部読むとなると結構な時間を要しそう。

果たしてこの趣味はいつまで続くのか…w
まぁ気楽に読みたいと思います。

それでは。

17日目

副業の方が忙しくて土日も休めません!

申し訳ないのですが、今日頂いたコメントは明日の朝か昼過ぎにお返しいたします。

それでは。おやすみなさい。

16日目

16日目です。

時間があまり無いので今日は生存報告のみで。

それでは。

15日目

15日目です。

今日は何故か絶好調です。
仕事がかなり捗りました。

夢精したのが逆によかったのでしょうか。

夢精する前は何となく溜まってる感じがして、
エロを欲すことが多かったのですが、夢精した事に依りそれが無くなり、
生活に関する全ての事に集中することが出来るようになりました。

最初のうちは我慢もある程度は必要かと思いますが、
2週間ぐらいのオナ禁が習慣になったら、
我慢するよりも射精したいときに射精した方が良いような気がします。

つまり、「我慢するオナ禁」というのが良くないと思うわけです。

もちろん我慢しなくても余裕というなら、記録を伸ばしていく選択肢も生まれるでしょう。それはそれで良いと思います。

私の場合は、リセットした後は必ず1週間以上の賢者タイムが来ます。
1週間は絶対にオナりたいとは思いません。

この1しゅうかんの






-------------------うんこ漏らす前-----------------------

------------------うんこ漏らした後----------------------







軽くスカそうとしたら身ごと出てしまいました…。
アイスなんて食べるんじゃなかった。

代えのパンツも無いので今日は急いで帰ります。
うんこ臭いブログですみません。

それでは。

14日目

今朝また夢精してしまいました。
一昨日のエロ禁解除のせいなのか…。

とはいえ、身体的にも精神的にも特に変化は無し。

やはり連続リセしない限りは平気な気がするなぁ。

それでは。

13日目

エロ禁を解除してしまいました。

最近はどうも寝つきが悪くて、布団の中で携帯をいじってしまう。
今日は昼寝しないと身体が持たないかな。

それはそうと、今日はサッカーの代表戦がありますね。

日本は最近調子が悪いのか、不安要素は多いようですが、
果たしてどうなることやら。

サッカーは野球と違って、チーム全体で闘ってるイメージがあります。

野球ですと、投手の出来が勝敗を半分以上決めてしまうものですが、サッカーはレッドカードで11人になってもある程度は闘えるぐらいですし、一人の力に頼るというよりはチーム力で勝負するスポーツなのかなと。

もちろん本田さんのような中心人物がいなければ、
かなり戦況に影響を与えるのでしょうがね。

ま、素人なのでよく分かりませんw

しかし、近年、日本が世界で十分に闘えているのは、間違いなく戦術やチームワークの良さが光っているからだと思います。

がんばれニッポン!

それでは。

12日目

こんばんは。

副業の方で新規の仕事が入り、若干余裕が無くなってきています。
今回の仕事次第ではその業者と提携できるかもしれません。

まぁ規模は小さいでしょうし、たまーに仕事を回してくれるレベルだと思いますが、それでも金銭面ではだいぶ助かることでしょう。

こういう実績は転職にも役立つかもしれませんしね。


しばらく日記は短くなるかと思います。
1ヶ月ぐらいで落ち着くかな!?

それでは。

11日目

遅くなってしまったので報告のみです。

それではまた明日。おやすみなさい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。