オナ禁日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月開設 『オナ禁効果は本当か?』

banner.jpg


新サイトを公開しました。
ツイッターも開設したのでよければフォローお願いします。

スポンサーサイト

ご挨拶と当ブログの方針

初めまして、おはようございます。

当ブログの目的はタイトルにある通り、「オナ禁の日記」です。
正直、既に他サイトにある情報の繰り返しになってしまう可能性は否めません。
なるべく自分で実際に体験した情報のみ提示するようにしたいと思います。

1、たとえプラスの効果があったとしてもオナ禁による成果と決定づけない
多方面から影響を与えた可能性を提唱する。
例えば、「ニキビが減った!」というプラス効果が得られても、
食生活・睡眠量などの変化も同時に考察する。

2、マイルールを設ける
出来るだけ一般的に行われてるルールに近いものにしようと思いますが、
多少の誤差はご了承ください。

3、実験対象(私)のスペックと得られた効果は細かく提示する
年齢・食生活・睡眠量などの生活面は、その人に与える健康状態に大きく影響します。
こいつとスペックが近いぞ!と思われる方は同じような効果を得られる可能性があります。
そのため、できるだけ詳細を提示したいと思います。スペックに関しては後ほど記事にします。

4、信者とアンチの中立的な立場を取る
これは1と少し被るのですが、オナ禁期を宗教的に神聖なものと位置付けないことをお約束します。
オナ禁論者には、
「身体的にも精神的にも確実大きな影響を与える」
「身体的には影響を与えるが、精神面の変化はオナ禁そのものは関与していない」
「まったく意味は無い」

と、様々な意見が交わされています。
というのも、はっきりとした大きな研究結果が出てないからなのでしょう。
オナニーを話題にすることはタブーな風潮がありますからね。
これらを踏まえて、現時点では、私は特に意見を持たないことにします。
結果を報告し考察を加える、というスタイルでいきます。

5、リスクを考慮する
これも後程ルール内で再度ご説明しますが、
はっきりとした研究結果が出てない以上、当然リスクも考慮すべきです。
言われているリスクには、
前立腺癌、ED、うつ病などが挙げられています。
正直怖いですね。怖い怖い。
しかし、寸オナで癌になった人はいたと思いますが、オナ禁だけで癌やEDになった人がいるのでしょうか。
まぁ、いないにしても注意はすべきですね。
ここの報告とルール面での考慮は徹底したいと思います。

以上を当ブログの方針としたいと思います。
応援よろしくお願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。